2012年04月12日

CAD講習をファシリテート♪

火曜日、久しぶりに企業内CAD講座を開きました♪
ファシリテーターとなって初めてのPC関係の講座。
Facilitate=容易くすること。

ヴァーチューズは心の教育プログラムですが、
どんな場面にも活かせると感じます。

講座会場にて♪

私の開くCADの講座は、概要と基本操作のほんの導入部分。
でも、”これを知ってスタートすると必ずお得♪”
というエッセンスを詰め込んで構成してきました。
それを、数日に渡るコースからどんどん濃くしていって
”1日速習”が主になりました。

”むずかしい” を ”かんたん” に♪
CADを ”特殊技能” ではなく ”手段” にすること。
最初のスイスイ本を手掛けたとき(14年前!)から、
変わらず目指してきたことです。
これってファシリテートだったのかな、と思うこのごろ。
この点では、ヴァーチューズもCAD講習も私の中で同じ♪

今回は午後4時間だけ。過去最短☆
新社会人に、すぐに実務に活かせるエネルギーを届けるには
コミュニケーションを円滑にすることで、
同じ時間でもより学びを深められると考え、意図して
ヴァーチューズ・カードも持参しました♪

気持ちの良い場を整えて、リラックスしてスタート☆
代表者に”今日のカード”ピックをお願いしたら
<<柔軟性>>が現れました。 
声に出し、表と裏を読んでいただいたあと、
おひとりおひとりに感想をうかがうと、、、
とても素直で率直な心が伝わり、個性もひかります☆

私のPCにカードを立て掛けて進めた講習は
とてもスムーズでした。時間も内容も予定通り。
初めてのことにも興味をもって取り組める姿にも
<<柔軟性>>が存分に発揮されていて、
そのたびに楽しい気持ちになり、
4時間はあっという間でした。

最後に、講習全体の感想をインタヴュー。
ここでもそれぞれの感性に触れるようなことばやしぐさに
感動しながらお話を伺いました。
ヴァーチューズでは、”美徳”をことばとしてプレゼントします。
これを”承認”と呼びます。
個々に<<目的意識>><<創造性>><<理解>>を承認させて
いただき、会を終えました。

私にとっても、新しいチャレンジでしたが
想像以上に楽しい時間になりました。
思いがけず得た、素晴らしい機会に感謝します!

貴重な半日、どうぞ業務に活かしていただけますように☆

喜びと感謝とともに+。
posted by かざせ at 17:48| 東京 ☀| *Diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする